WEBサイトマッチングビジネス

WEBサイトマッチングビジネス

WEBサイトマッチングビジネス

効率よく稼ぐWEBサイトを作りたいのでしたら、一番面白いと思うのはマッチングサイトです。

業者と業者、消費者と消費者、業者と消費者をむすぶサイトをつくれば、手数料収入だけでかなり者刈る可能性があります。

情報の仲介をするだけ、何の商品も売りませんので、とても効率のいいビジネスモデルになると思います。

たとえば、最近たくさんデできたまっちんくサイトを上げると・・・

太陽光発電設置、オール電化リフォームのマッチングサイトなんかがあります。

太陽光発電の一括見積もりなどのシステムを作っていますね。

時代考えてみると、介護施設とか、家庭菜園用の貸し畑なんていうのもありかもしれません。

まだ誰もやっていないものを思いついたら、面白いですね。

ヤフーがグーグルの検索システムを導入

ネットビジネスでは、とても重要な検索エンジンの動向に大きな動きがありましたね。

日本ヤフーが、グーグルの検索エンジンシステムを導入するというニュースです。

米国では、ヤフーとグーグルの提携について独禁法問題でうまくいかなかったようですが・・・

検索システムの利用というだけのせいか、日本では問題ないようです。

ネットビジネスをしている人にとって、これは歓迎なのか?それてもそうではないのか?

それは、人それぞれかもしれないとおもいますが・・・

SEO対策をしている人にとって、ヤフーでの検索結果の動向が、変動が激しく、定番のこれといった方法が無いてんから、グーグルのように、質の高いリンクがあれば、良いという、方法的に納得のいくシステムになるのではないかと考えると、喜んでいる人の方が多いかもしれません。

もちろん、日本ヤフーとグーグルジャパンの検索結果が全く同じになってしまうことはないと思います。

ヤフーにはカテゴリー登録というものもありますし、ヤフオクなど独自のサービスもあります。

検索エンジンのシステムが同じでも、それらは、チューニングによって大きく変わりますから
ヤフー独自のそれらについて、検索エンジンの検索結果にも繁栄されるでしょう。

もともとくーぐるでねヤフーカテゴリー登録サイトは質の高いサイトと評価されていると思いますが、おそらくチューニングではヤフーの方が更に高く評価されるでしょう。

担当者が目で見て登録しているわけですから、それは当然のこと、早く審査するためにお金まだとっている訳ですしね。

グーグルのシステムを導入することで、これまでゴミの様なリンクでも沢山あれば評価されていたヤフーの検索エンジンより、よりポリシーのはっきりした、検索順位になるのではないかと思います。

トップへ戻る